テクノポップユニット三鷹ブログ : リリース

Archive for the ‘リリース’ Category

img_5899-1.jpeg

オーストラリアを拠点とした「ElectraxMusic」グループのひとつである、静岡のアシッドハウス専門レーベル「AcidWorx」リリース情報です。フル試聴可能ですので、よろしければチェックを!販売開始されたものは随時Beatportへのリンクを設置していきます。

2016.04.05 okushe – SODA-La

購入はこちらから(Beatport)

1.SODA-La (Original Mix)
2.SAW’s-La (Original Mix)
3.A-La (Original Mix)

2016.04.15 Acid Child – Dingy Roofs EP

購入はこちらから(Beatport)
1.Dingy Roofs
2.Melbourne Style
3.Tik
4.One

2016.04.26 DJ Hi-Shock – Cold Blooded Acid Suckerz

購入はこちらから(Beatport)

1.Cold Blooded Acid Suckerz
2.Black Acid (909 Mix)
3.Black Acid (808 Mix)
4.Black Acid (707 Mix)

我々「Mitaka Sound」の楽曲

購入はこちらから(Beatport)

IMG_4051

昨年2014年末に我々の楽曲「Hakozaki」がBeatportで発売されました。

Hakozaki | Beatport
http://www.beatport.com/track/hakozaki-original-mix/6045467

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、これは匿名でリリースされるAcidWorxのアナログシリーズ「ACID4」に収録されていたものなんです。やっとネタバレしたことになります。

ACID4 | deejay.de(ドイツ)
http://www.deejay.de/Unknown-Acid_4__157170
ACID4 | FreestyleOnline(名古屋)
http://freestyleonline.net/detail.php?ITEM_ID=36592

はじめて販売します

今まで我々が出したオリジナル曲はフリーダウンロードのみでしたので、この「Hakozaki」が初めて値段を付けて販売される楽曲となります。それだけでも嬉しいのに、はじめての曲がヴァイナルでリリースされたなんて恐れ多いやら自慢したいやら…複雑な気持ちがあります。

あの箱崎です

Hakozakiという名前の通り、この曲は「あの箱崎」をイメージしています。箱崎にはジャンクションも、シティエアターミナルもありますね。どことなく箱崎っぽさを感じていただければと!

三鷹の結成から

なんやかんや我々テクノポップユニット三鷹(MitakaSound)は結成してから15年弱が経ちます。最初は私(タカハシ)が曲を作って、相方(ホソダ)が即興でギターを合わせるというスタイルで活動をスタートしました。それがだんだんと、2人でPCを同期させて音の素材をリアルタイムで合わせる形に変わっていきます。

そんなスタイルですので「完成させた楽曲」というものがなく、ライブに誘っていただくたびに活動して、それ以外は休止状態という日々がしばらく続きます。

そして2009年…とあるオーディションに参加するために楽曲をつくることになります。それが「ECO – MOTTAINAI -」という曲です。このころからテーマ曲を中心に楽曲も作るようになったわけです。

ドボクとの出会い

そんな2009年の夏に我々は「ドボク」と出会います。2人とも写真が好きだったので、2人でジャンクションや団地などを撮影しにいくことも間々ありました。そんな「なんかいいよね」を言葉にして目の前に見せつけてくれたのが大山顕さんと石川初さんのイベント「大山顕の“ヤバい景観的・東京88景”」でした。

大山顕の“ヤバい景観的・東京88景”
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/
「住宅都市整理公団」別棟
http://blog.livedoor.jp/sohsai/
石川初 | ランドスケール・ブック ― 地上へのまなざし
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4864800014

その衝撃たるや。2人でイベント後に「これだったんだよ」「ヤバいヤバい」と熱く語り合ったのを覚えてます。

そこから先は…ドボクのイベントに参加したり、高架橋脚ファンクラブに入会したり、ドボクをテーマにした曲を作ってみたり、音楽とドボク映像を合わせるイベント「テクノスケープライブ」をみんなで作り上げたり、沢山協力してもらいながらテクノスケープガイドという同人誌を発行したりと、楽しいことが色々ありました。

テクノスケープガイド
http://mitaka-sound.com/tsg/
別冊テクノスケープガイド
http://mitaka-sound.com/btsg/

そしてAcidWorx

そして、AcidWorxの現A&Rでもあり、大好きなトラックメイカーでもあるSERiさんのリミックス(リコンストラクション)企画に参加させていただく機会を経て、ElektraxMusicグループ主宰 Advanced Human(aka DJ Hi-Shock)の協力もあり今回のリリースに繋がります。

ACIDWORX (BEST OF 2014) | Beatport
http://www.beatport.com/release/acidworx-best-of-2014-continuous-dj-mix/1429183

ほんとにありがとうございます

ドボクのみんな、AcidWorxの皆さん、機材おじさん達、我々のことを気にかけてくださる方々…色んな人達にお世話になっているなと感慨深いものです(なんだか最終回、もしくは死亡フラグみたいな感じになってきた)

ここで感謝の気持ちをお伝えすると共に「たのむ買ってくれ!」「せめて試聴してくれ!」「シェアするだけでもいいから!」と告知させていただきます(照れ隠し)

Hakozaki | Beatport
http://www.beatport.com/track/hakozaki-original-mix/6045467

2015年1月20日にも新曲「GateBridge」「Haneda」がリリース予定ですので、こちらもチェックくださいませ。今年もがんばります!そして本年も皆様にとって幸多い1年であることを祈りながら、新年の挨拶のような、告知のような文章を締めたいと思います。

ありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします!

DSCN0714

我々もリミックスなどを出させていただいてるシドニーのレーベルAcidWorxからアナログシリーズ第四弾ACID4が発売されました。

誰が作ってるのか最初は秘密

このシリーズは「作った人」も「曲のタイトル」も最初は秘密なんです。デジタル配信されたタイミングで「実はこの人でした!」ってバラします。それなのにドイツのオンラインショップで売上チャート1位になったみたいですよ。

楽曲自体の魅力はもちろん、レーベルが信頼されてる感じで嬉しいですね。

ドイツで先行発売、国内でも販売開始

まずはドイツで先行発売されて、そろそろ国内でも販売が開始されましたので興味のある方はぜひ!300枚しかプレスされてないので、誰が作ってるのかネタバレしたころには売り切れてるかもしれませんよ(煽り)

購入できるショップ

2014年11月3日現在購入可能なショップをいくつか(売り切れの場合があります)

deejay.de(ドイツ) | ACID4
http://www.deejay.de/Unknown-Acid_4__157170

FreestyleOnline(名古屋) | ACID4
http://freestyleonline.net/detail.php?ITEM_ID=36592

TECHNIQUE テクニーク(東京) | ACID4
http://www.technique.co.jp/item/123541,ACID4.html

試聴とダウンロード販売

配信サイトが増え次第、随時追加予定です。

bandcamp | ACID4
https://acidworx.bandcamp.com/album/acid-4

隙があればTwitterやFacebookで色々と告知しているわけですが、「そもそもあいつら最近なにやってるんだろう?」と疑問をお持ちの方もいるかもしれないなと思い(いて欲しいなと思い)自分の中での整理も兼ねてまとめてみました。

リミックスなど

Advanced Human氏が率いる「ElektraxMusic」グループの「AcidWorx」というレーベルからリミックスをいくつか出させていただいてます。(2014年9月現在)4曲ほどリリースされてます。以下のリンク先から購入可能です。

Elektrax Music
http://www.elektraxmusic.com/

AcidWorx
http://www.elektraxmusic.com/acidworx/

Mitaka Sound – Beatport(我々の曲が購入できます)
http://www.beatport.com/artist/mitaka-sound/367887

海外からリリースする場合は「テクノポップユニット三鷹」ではなく「MitakaSound」という名義にしてます。テクノポップって和製英語ですし、我々の曲ってそんなにテクノポップじゃないですからね。。

ライブなど

そして先日は静岡で開催されたAcidWorxのレーベルナイトにも参加しました。とってもナイスパーティでしたよ。

ちなみに我々の初ライブは僕がメインでPC(VAIOのデスクトップ)を舞台袖で操作して、ホソダがギターを弾くというスタイルでした。このレーベルナイトではホソダが機材をいじって僕は横で控えめに踊っているだけ(実質なにもしていない)というスタイルに。ここ数年はライブのたびに「お前も何かやれよ」と突っ込まれます。

Acidworxって?

SERi氏がA&Rを勤めるレーベルです。上記の通りElektrax Musicグループ。ここから我々のリミックスがリリースされてます。アシッドハウスを聴き慣れない方でも、バリエーション豊かな楽曲が揃ってますのでお楽しみいただけるのでは?

AcidWorx – Bearport
http://www.beatport.com/label/acidworx/36049

AcidWorx – Facebookページ
https://www.facebook.com/acidworx

[2014.09.25追記] 1周年記念コンピが発売されました

AcidWorx1周年記念コンピが発売されました。我々の曲は入っていませんがぜひ!
 
Let There Be Acid – Bearport
http://www.beatport.com/release/let-there-be-acid/1377026

Advanced Human氏って?

そんなElektrax MusicグループのボスAdvanced Human氏って、どんな方なんでしょうか?

Advanced Human(aka DJ Hi-Shock)はElektrax Musicグループ(Elektrax Recordings, Gynoid Audio, Android Muziq, Darknet & Hypnotic Room)の主宰者であり、Synwave, Gynoid Audio, Starkstrom Schallplatten, Slap Jaxx, Impact Mechanicsなど、数々の主要テクノレーベルよりリリースを重ねるテクノアーティスト。
引用元:clubberia

最近ベスト盤が発売されましたので是非!「Vol.1」ってことは「Vol.2」も出るんでしょうね。

BEST OF DJ HI-SHOCK, VOL. 1 – Beatport
http://www.beatport.com/release/best-of-dj-hi-shock-vol-1/1353150

SERi氏って?

SERi氏もベスト版がリリースされてます!まずは聴いてみてください。惚れますよこれは。

SERi – Facebookページ
https://www.facebook.com/SERi414

SERi – Beatport
http://www.beatport.com/artist/seri-jp/357894

Best of SERi (JP) – BeatPort
http://www.beatport.com/release/best-of-seri-jp/1317728

そもそもアシッドハウスって?

なんなんでしょうか?

アシッド・ハウスとは、狭義にはアナログシンセサイザーの変調効果を多用したエレクトロニック・ミュージックを指す。広義では、1987年頃からシカゴやロンドンで同時多発的に始まった、電子音楽、ファッション、クラブ・カルチャーをミックスしたカルト現象を意味する。
引用元:アシッド・ハウス – Wikipedia

「変調効果を多用した」というのは正しいんですけど、イメージ湧かないですよね。その元祖と言われるのが1987年にリリースされたこの曲です。

Phuture – Acid Tracks – iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/acid-tracks-ep/id414660262

ウニョウニョ・ビキビキ・ビヨビヨしながら反復されるベースラインが特徴(ざっくり)。「アシッド」という名前の通り、中毒性のある危ない魅力の音楽です。

我々の結成のキッカケにもなってる

テクノポップユニット三鷹の結成にはアシッド・ハウスが大きく関わっているんです。大学生だった僕はテクノ好きの友人を増やすために熱心に布教活動をします。CDを貸したり、一緒にクラブ行こうぜって誘ったり、Tシャツも作りました。

そこでホソダにいくつかのアルバムを貸すわけですが、Underworldやケン・イシイなど「取っ付きやすいかな」というアルバムの他に「こういうのも好きなんだぜ」ということでHardFloorのアルバムを混ぜておいたんです(ありがち)

そしたら、そのHardFloorにホソダが興味を示したんですよね。これは結成の大きなキッカケとなりました。

TB-303って?ローランドって?

アシッド・ハウスを語るうえで欠かすことができないのが1982年〜1984年にかけて販売されたローランドの「TB-303」というシンセサイザーです。発売当初は全然売れなかったらしく、ほどなく生産が終わってしまいます。その後アシッド・ハウスの盛り上がりなどで再評価され価格は高騰、簡単には手の届かない憧れの機材となります。

そんな罪深い機材を作ったのがローランドという楽器メーカー。たまに海外の会社と勘違いしてる方もいますが本社を浜松に置く日本のメーカーです。

それ以外にもダンスミュージックの世界では日本のメーカーが作った機材が重要な役割をはたしてきました。技術の進歩と共に新しい音楽も生まれます。なんかいいですよね。

TB-303 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BBTB-303

そんなこんなで

結成から14年、アルバムを1枚も出していないのに同人誌(テクノスケープガイド)を4冊も出しているユニットですが、ちょっとずつ楽曲を聴いていただけるようになってきました。今後とも生暖かく見守っていただければと思います!

テクノスケープガイド
http://mitaka-sound.com/tsg/

次のコミケに絶対行かなければならない12の理由〜すてきな同人誌紹介
http://propeller-tv.com/archives/7490416.html

同人誌@コミケットから、雑誌の未来が見えてくる!? – WIRED
http://wired.jp/2012/08/09/start-francesco/2/

8/15(金)テクノスケープガイドVol.4頒布します

コミックマーケット86 – 8/15(金)「西地区“き”ブロック07a」で新刊「テクノスケープガイドVol.4」を頒布します。よろしければお立ち寄りくださいませ!

テクノスケープガイド公式サイト
http://mitaka-sound.com/tsg/

8/16(土)静岡でライブします

8/16(土)静岡dazzbarにてアシッドハウスのライブに参加させていただきます!

ACID WORX (JP) vol.1
http://jakata.info/?p=802

こちらから我々の新曲「Hakozaki」も聴けます↓

リリース情報

SERiさんが打ち込んだアシッドフレーズを各々のシンセサイザーで鳴らして再構築する企画に我々のトラックも収録されております。

0303 PART TWO
http://www.beatport.com/release/0303-part-two/1331336