テクノポップユニット三鷹ブログ : イベント

Archive for the ‘イベント’ Category

DSCN0223

湯WIREのレポを書かなくちゃという謎の使命感に突き動かされてキーボードを叩いています。楽しかったことは、ちゃんと報告しなくちゃね。

ということで少しテンション高めなレポートいってみます。とても長文なので気になるところだけ読んでいただければ!

まず湯WIREってなんなのよ?

今回で3回目を迎えた湯WIRE。その告知ページから引用すると、、

「6時間座れないイベントに疲れてきた、そんなあなたに湯WIRE。」 引用元:湯WIRE14 -秋-http://tweetvite.com/event/uw14autumn

ということらしい。あまりに共感できるコンセプト。立ちっぱなしだとイベント中は平気でも、翌日・翌々日にくるんですよね。ざっくり整理すると綱島温泉というところでドンツク音楽が流れるイベント(宴会)をするらしい。

ちなみに開催までの経緯(?)は初回の告知ページで主催でもあるXassoさんが触れてます。なるほど…なんとなく把握。

綱島ラジウム温泉 東京園

まずは会場の綱島ラジウム温泉東京園について知っておきたいところです。どうやら綱島というのは大温泉街として栄えていた場所らしい。残念ながら今は数軒が営業するだけになってしまいましたが、その1軒が湯WIREの舞台となる綱島ラジウム温泉東京園なわけです。

綱島ラジウム温泉~東京園
http://www.tsunashima.com/shops/tokyoen/index.html

面白いのでWikipediaもぜひチェックを。三橋美智也氏がボイラーマンをしていたこともあるらしい。

綱島温泉 | Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%B1%E5%B3%B6%E6%B8%A9%E6%B3%89

いざ東京園

特徴のある黄色い建物に入ると「昭和」といった感じの調度品が並ぶゆったりとした空間が広がっています。そこには、温泉につかった人たち(主にご老人)が語り合ったりビールを飲んだりカラオケを歌ったり銘々に羽を伸ばしている姿が見えます。なんというゆったりとした時間!

とはいえここは東横線沿線。若い人の姿も見えます。この貴重な憩いの場は年齢も性別も問わないようです。

東京園なくなってしまうの?

でもこの場所、なくなってしまうかもしれないんです。この辺りの話は利害が衝突してデリケートなところなので詳しく触れませんが、なんとか残せないものかって頑張ってる方々もいます。そういう方々の尽力も忘れちゃいけませんね。

ということで色んな方のレポートまとめ(随時追記)

当日のレポートは既に素晴らしいものが沢山アップされているので、それを参考していただければ当日の雰囲気が伝わってくると思います(人任せ)

でも、これだけ沢山の人がレポート書いてること自体がスゴいですよね。どんだけいいイベントだったんだ。

【湯WIRE】横浜の温泉でDJしてきた #uw14aki | uinyan.com
http://uinyan.com/u_wire_14_aki_report/

湯WIRE秋 楽しかったです! |  JupP Word
http://ch.nicovideo.jp/juppy1107 

湯WIRE14 -秋- | Yokohama Beat Junkie
http://ameblo.jp/beatjunkie/entry-11934373145.html

湯WIRE 14 秋 に出演してきました | scrap!!!!
http://gokki0123.tumblr.com/post/99329978655/wire-14

湯WIRE秋も、ソーシャルの力で振り返る | 日々の趣味云々
http://fazz0611.hatenablog.jp/entry/2014/10/07/002047

湯WIRE行った | Stereo Graphica Blog
http://blog.stereo-graphica.com/?p=87

湯WIRE14 -秋-でのライブを終えて | ACID ALLIANCE
http://acidalliance.tumblr.com/post/99414022748/wire14

湯WIRE14 -秋- おつかれさまでした | Yebisu303’s diary
http://yebisu303.hateblo.jp/entry/2014/10/09/014938

湯WIREとぼくと和田さん(文:orgone)| Yebisu303’s diary
http://yebisu303.hateblo.jp/entry/2014/10/09/015159 

湯WIRE14秋 | ざっそーきろくろぐ
http://xasso.blogspot.jp/2014/10/wire14_9.html

ではレポートいってみます

まず出演者の方々が色んな「界隈」で活躍されている方ばかりなんです。なので遊びにきてる人も幅広い印象。テクノが好きな人もいれば、アイドルマスターが好きな人もいる。みんなで踊ったり、酒盛りしたり、各所で話に花が咲いています。どうやら1人で参加された方も結構いた模様。いいですね。

12時ごろ現地入りしたので、それ以降の印象を少しだけ。

ACID ALLIANCE

numaitu氏Yebisu303氏のアシッドユニット。緊張感のあるハードウェアを駆使したライブが繰り広げられます。土曜日の昼過ぎに宴会場で鳴り響く極上のアシッドハウス。これは普通にカッコいい。あまりにも非日常的な体験でした。

https://soundcloud.com/acid-alliance

DESCO GRAPHICS

湯WIRE映像チームのお二人。まさかの特別ゲストとして生ハムの原木が登場。フロアは狂気の渦へ。これぞリアル酒池肉林!ほんとVJも最高でした。ケチャの映像に座敷で酔っ払った男ども(もちろん自分も含む)が奇跡的にシンクロして蠢いてる姿は放送コード余裕でアウトですね。

shitaraba

暴力的ながら愛情を感じてしまうDJ&マイクパフォーマンス。なんだこれカッコいいぞおい。完全に心を持っていかれました。客席からも煽る声が飛ぶ飛ぶ。これぞ宴会という感じ(いい意味で)

https://soundcloud.com/shitaraba/

gokki

次から次へとプリキュアの曲がフロア(座敷)に鳴り響く危険な時間がはじまります。当然のように乱舞するオーディエンス。こ、これはヤバい。隣でホソダが「プリキュアっていい曲おおいんだな」と呟いた。うん、オレもそう思う。

ういにゃん

なんかしらの最重要人物ういにゃん氏、その実在を確認。深読みさせつつ的確な選曲が圧巻でした。とにかく踊った踊った。SandstormをスピンするやVJチームが呼応してスクリーンに某総合格闘技の映像が映し出される。結構飲んでいた日本酒の酔いも手伝って理性が爆散しました。

https://twitter.com/ui_nyan

Fill

ひとしきりブチ上がった温度を心地よく包んでくれるような音楽。とっても渋カッコいい。お酒を飲みながらゆったりと体を揺らしてました。「いいねー」という声がそこここから聴こえます。これもまた湯WIREの醍醐味なのかも。

うしわか

心地よい酔いと疲れを感じているところに、うしわか氏が登場。なんかさわやかイケメンさんじゃないですか。なのにエグい選曲。そりゃ「みずいろの雨」なんかかけられたら全員で熱唱しちゃいますよ。混沌度合いが一気に上がったような気がします。

Yasuo Sato

そして最後はキッチリとYasuo Sato氏が極上のサウンドで殺しにきてくれました。この世とあの世の間って感じです。もう気持ちいいっていう感想しか出てこないですよ。大好き(告白)

http://soundcloud.com/yasuo-sato

ちょう素早い撤収

そして印象的だったのは撤収の素早さです。あんなに酔っ払ってたのに、テキパキと参加者みんなで役割分担しながら、ゴミの分別も完璧。あ、この人たち普段はすごく仕事できる人なんじゃ…。

イベント前から出演者だけじゃなくて参加者の方も積極的に告知(?)したり。当日は頼まれてないのに大量の酒や肴を持ち込んだり。はじめて会う人どうしの輪が広がったり。終わったら皆で撤収する。とっても一体感のある素晴しすぎるイベントでした。

そして2次会

そのまま自然と1階の休憩場で2次会が始まります。語り合ったりビールを飲んだりカラオケを歌ったり。これもまた素晴らしい光景。

そんなこんなで

参加した方が口々に「また参加したいね」と話してるのを耳にしました。僕も同感です。むしろ待ちきれない。事前の準備だったり、当日の運営だったり、湯WIREクルーの方々には「楽しかった!ありがとう!」という気持ちしかありません。

いやほんと楽しかったです。みんなくればいいのに!

8/15(金)テクノスケープガイドVol.4頒布します

コミックマーケット86 – 8/15(金)「西地区“き”ブロック07a」で新刊「テクノスケープガイドVol.4」を頒布します。よろしければお立ち寄りくださいませ!

テクノスケープガイド公式サイト
http://mitaka-sound.com/tsg/

8/16(土)静岡でライブします

8/16(土)静岡dazzbarにてアシッドハウスのライブに参加させていただきます!

ACID WORX (JP) vol.1
http://jakata.info/?p=802

こちらから我々の新曲「Hakozaki」も聴けます↓

リリース情報

SERiさんが打ち込んだアシッドフレーズを各々のシンセサイザーで鳴らして再構築する企画に我々のトラックも収録されております。

0303 PART TWO
http://www.beatport.com/release/0303-part-two/1331336

tsg3_p

今年もコミックマーケットにサークル参加することになりました。新刊「テクノスケープガイドVol.3」を頒布予定です。年末は東京ビッグサイトでお会いしましょう!

参加概要

参加日:12/31(火)
配置:東地区 Q-24a
頒布価格:500円
地図:twitcmapによる地図はこちらから
参考:コミックマーケット公式サイト
参考:同人誌@コミケットから、雑誌の未来が見えてくる!? | WIRED

先月に引き続きテクノスケープライブを開催することにしました。今回もテスト版といった感じです(詳しくは下記参照)

今回は東京エスカレーター高架橋脚ファンクラブ会長田村さん発案の「ドボククイズ」プレ大会を開催する予定です。しないかもしれません。プレ大会なので「こんな問題どうだろう?」みたいに、みんなで問題を考えるのも面白いかもしれません。そんな感じです。

日時・場所・人数

日時:11/1(金)19:00頃から21:30ぐらいまで(タカハシ or ホソダが仕事後に到着してからの開催となります)
場所:渋谷(詳細はDMなどでお伝えします)
人数:10名(状況次第では当日参加も募集)

概要

テクノスケープライブは(基本的に)音楽と一緒にドボク映像を楽しもう&ネット配信しようイベントとして開催してきましたが、音楽と映像なしでも「とりあえず集まろう」ぐらいの気軽なイベントとしてテクノスケープライブ(ミニ)を開催することにしてみました。

みんなでドボク映像を観たり、撮ってきた写真を自慢したり、どこどこ行こうぜって盛り上がったり、ときには我々がライブしたり、そんな感じになればいいなと。毎月1回、12ヶ月間連続開催を予定しています。

テクノスケープライブ(ミニ)Vol.1に参加する

※TwitterやFacebookなどから連絡いただいてもOKです。

Vol.1 の予定

・ドボククイズ大会(プレ)
・何かしらの話し合い(ざっくり)
・テストライブ

ダラダラしすぎない程度に何か考えていく予定です(ざっくり)、プロジェクターがあるので映像でも持っていこうかなと検討中。

注意事項

特にイベントらしいことは何もやらない可能性が高いので、ご飯食べながらドボクの話するぐらいの気軽な感じでお越しください!

参加費や食べ物など

イベント自体は無料ですが、会場費として1,000円ぐらいカンパいただけたら助かります!食べ物・飲み物は各自用意(近くにコンビニがあります)

展望など

半年に1回ぐらいは大きな音が出てスクリーンもあるライブハウスなどでやりたいですし、できれば東京以外の場所でもテクノスケープライブ(ミニ)を開催したいなーと妄想してます。その他にも「こんなことやってみたい」というご要望ありましたら、我々テクノポップユニット三鷹までご連絡くださいませ!

テクノスケープライブ(ミニ)Vol.1に参加する

※TwitterやFacebookなどから連絡いただいてもOKです。

テクノスケープライブ(ミニ)Vol.0 で行った「ドボク本自慢」プレ大会にタカハシが持参した本の一覧です。

DSC_7695
まず1冊目は「空からみた産業景観」

DSC_7700
空撮と解説セットで農業・水産業・工業さまざまな「産業」を紹介してます。大明堂さんという廃業されてしまった出版社から出ていたのですが、最近まで重版されてたらしく探すとAmazonでも中古が見つかります。僕が持ってるのは1976年発行の初版。

八郎潟干拓地、木曽の林業、枕崎漁港、神岡鉱山、佐久間ダム、鹿島、京葉工業地帯、相生の造船業など収録されてます。

DSC_7701
そして2冊目は「科学の友」です。「FRIEND OF SCIENCE」っていいな。

DSC_7703
特集が発電と放射能だったので即購入。これはどこのダムでしょう。1947年ですから昭和22年、なんと終戦から2年。ちなみにまだ原子力発電には成功してません。

DSC_7705
そして3冊目は「東京と近郊」です。表紙の首都高がすてき。

DSC_7708
「その地理散歩」というサブタイトル通り東京近郊の散策ガイドのような本。だけど「大都市東京の問題点」まで踏み込んでる。中央線沿線のことも書かれてます。巻末に載ってる「地理巡検の計画と実施」も面白い。

DSC_7716
そして4冊目は「瀬戸大橋全記録」です。大きいので置く場所に困るのが難点。

DSC_7718
新聞社発行なので写真が素晴らしい。

DSC_7711
番外編として「わたしたちの地理」もご紹介。田村さんから教えてもらった本なので「ドボク本自慢」できないけど、念のため持参。「わたしたちの地理」に関しては以下参照。

デイリーポータルZ:1970年の東京の風景を探しに行く
http://portal.nifty.com/kiji/130712161141_1.htm

東京エスカレーター:「わたしたちの地理」ツアー オフテイク
http://www.tokyo-esca.com/blog/2013/06/629.html

技術関係ブログ:「わたしたちの地理」こんなのもあるぞ
http://takahashisystem.com/archives/2720 

ということで

今回は田村会長が香港で入手したレア本を持ってきてくれたり盛り上がりました。もっとゆっくり見たかった。お酒を飲んだり飯を食べたりしながらドボク本見るのはいいですね。

また開催しますので、レアドボク本をお持ちの方や見てみたい方は気軽に参加くださいね!